産業(企業)ケアマネジャー(介護離職対策、介護と仕事の両立支援)

介護離職対策として国や企業は介護休暇、介護休業ができるようにしています。
しかし、制度や仕組みがあっても使いにくい現状があります。
それは以下のような理由が考えらます。
①ある日突然起こる介護のことを会社や社員はイメージができない。
②介護について学ぶ機会がない。
③介護について企業や職場の理解がなく、制度や仕組みを利用しずらい。
そして、制度や仕組みがあってもうまく活用できず介護離職が起きていると考えられます。
https://www.minnanokaigo.com/news/kaigogaku/no519/

離職せずとも、離れて暮らす親を呼び一緒に暮らすこととなっても、住み慣れた場所でないことで親は友人にも会えず、出かける場所もなくコミュニティから孤立し意欲が低下、活動も低下し介護が必要な状態になっていくことも起こります。介護が必要になったことで、従業員の介護負担が増大し仕事を辞めざるを得なくなることも考えられます。

これらの対策として、介護の専門職であるケアマネジャーが企業と従業員に対して
①誰にでも起こり得る介護について学びの場を提供
②介護が必要となったときに身近に相談できる
③職場と社員の間に入り、双方に適切なアドバイスをする
④介護保険の利用が始まった後のセカンドオピニオン
を行ないます。
企業・従業員双方が介護に理解を持ち、働きながら親の介護ができることを知ること、その体制を取ることが重要です。

事業内容
・月1-2回の会社訪問による会社、従業員との各種相談
・電話、メールによる相談
・各種セミナーの実施 
※オンラインセミナーも対応、内容
・顧問料 会社規模に応じ変動

セミナー開催
・親が、家族が介護になった時どうするか
・離れて暮らす親への介護(遠距離介護)
・自らが介護が必要になった時どうするか
・介護と仕事の程良い関わり方
・認知症を学ぶ
・看取り学ぶ
・高齢者の思いを考える
・介護保険制度全般
・医療機関(病院)との付き合い方
・ケアマネジャーとの付き合い方
・簡単な介護技術を学ぶ(実技)
※その他、内容は応相談、オンラインも対応
セミナー費用
2時間を基本とし、10万円から。
10名まで 10万円
20名まで 20万円
30名まで 30万円
※人数の上限は応相談

活動詳細はフェイスブックにて。
https://www.facebook.com/%E5%90%88%E5%90%8C%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E9%90%B5%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E7%A6%8F%E7%A5%89%E4%BA%8B%E5%8B%99%E6%89%80-801874393341867/
2019/3/23産業ケアマネジャーについて悠翔会佐々木淳先生、釜石市高橋先生と会談をしました。
2019/5/16 ㈱堀場製作所東京本社従業員向け介護セミナーを行いました。
2019/6/1 絆の会in佐久にて産業ケアマネジャーについて発表しました。
2019/7/28 ヒューマンサポートアカデミー東京本校にてカウンセラーの方々へ介護セミナーを開催しました。
2021/1/4セミナーメニューを更新


問い合わせ
合同会社 鐵社会福祉事務所
代表社員 鐵(てつ) 宏之
電話:048-423-8155
FAX:048-423-7105
Emaii:hiroyuki.tetsu@gmail.com

powered by crayon(クレヨン)